ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

ブログに悩んで1ヵ月・・・ 情熱に任せた記事を書く!

こんにちは!あみかです。

お久しぶりです。

 

前回更新したのが5月8日。

1か月が経ちました。

 

 

その間、最初の2週間はネット小説に飲み込まれていました。

非常に長編で、2週間ぐらいかけて四六時中読み、やっと最後まで読みました。

 

ブログ更新していなかったのは、半分はそのせいです。

今も読み直したりしていますが、多くて1日1時間ぐらいに抑えられています。

 

依存脱却にはまだまだ時間がかかりそうです。

 

 

 

さて、最初の2週間はそれが原因でブログを更新していなかったのですが、他にもブログを更新できなかった理由があります。

 

それは、書くことに悩みまくっていたから。

 

 

このブログは雑記ブログ&日記ブログみたいな感じですが、主なジャンルというのがありません。

一応「自信の高め方」シリーズはあるのですが、これは自分が得た知識をまとめているので、そう簡単に高頻度では書けません。

 

で、今まで雑記ブログらしくいろいろ書いてきました。

 

 

大学の話、バイクの話、障害の話・・・。

 

記事はたくさん書いた方が良い!更新しなきゃ!と思って、毎回書くテーマを無理矢理考えて書いていました。

 

ですが、なんかそんなに書きたいことじゃないんですよね(笑)

バイクの話とかどうでもいいです。

 

書けるから書いた。

書くことないから書いた。

 

 

それが何だかつまらなくなってきて。

 

 

 

ブログを始めた時に何を考えていたかというと、ブログを通して自分を、自分の考えを世の中に出したい。

 

有名な大学生ブロガーが何人もいることを知って触発されたのです。

 

 

だから、自分の軸は欲しかった。

 

けれど、書けることがあまりない。

最初は発達障害の話や自身の高め方についていろいろ書こうと思っていましたが、なかなかうまくいかず・・・。

 

 

そして、人にたくさん見てもらえるブログになりたかった。

 

そうすると、しょうもないことは書いてはいけない、独りよがりなことは書いてはいけない・・・と、書けることが無くなってくる。

 

けれど、それじゃダメだ、更新はしなければ、と思って、いつの間にか自分の中で×にしていた日記のような記事を書いたり・・・。

ブレブレです。

 

ブログにも方針にも軸がない。

 

 

何でもいいから、とにかく書く!というのは素敵だけれど、やっぱり興味ないこと書いてもモチベーションが上がりません。

 

そんなこんなで悩んでいました。

 

 

 

そして1ヵ月。

 

1ヵ月も経ってしまったら、もういろいろと悟ります(笑)

 

今更何を悩んでも、0からスタートと一緒。

だから、もう好きなようにしよう、と。

 

 

今まで、書ける記事を書いてきましたが、書きたい記事を書こう!と。

 

ここでいう書きたい記事は、さっき言っていた日記のような書きたい記事という意味ではありません。

 

 

情熱に任せた記事です。

 

ホントは、人に訴えかけたいようなことがたくさんあるのです。

 

精神病、障害者、不登校への偏見を是正したい。

自他ともに甘くていいんだよ!それでいいんだよ!と言いたい。

 

とか。

 

 

何のことか分からないかもしれませんが、気にしないでください(笑)

 

 

 

今までなんで避けてきたかというと、「大学生が偉そうに言うことじゃないな」と思ったり、こういう記事って誰にも求められてないよね、と思ったり。

 

そういう考えを一旦外して、書きたいことを書くようにします。

 

 

単に書きたいことではなくて、情熱をもってかけることを書きます。

 

人に求められていなくても、独りよがりでも。

 

 

自分のことでも、情熱をもって書けることなら書くし、とにかく、「情熱」をテーマに、書いていきます。

 

 

 

さて、この記事も情熱をもって書きました。

記事タイトルも情熱に任せて思い浮かんだタイトルをそのまま書きました。

 

何言っているのかよく分からないところはあったと思います。

ですが、自分に宣言を兼ねて、このままのテンションで記事を更新します。

 

 

 

☆宣言☆

 

情熱に任せた記事を書く!

春の高熱を伴う風邪に注意!年中行うべき3つの風邪対策

こんにちは!あみかです。

5月に入り、ゴールデンウイークも過ぎ去りました。

 

 

すっかり春ですが、「もう風邪やインフルエンザの季節ではない」と油断してはいけません。

ゴールデンウイークに家族が高熱を出した私が注意喚起いたします(汗)

 

 

 

高熱を伴う風邪、インフルエンザが流行っている

 

5月ですが、38度、39度の熱を出す風邪やインフルエンザも流行っているとか。

 

高齢者施設で39度の熱を出す人が多く出た時には大騒ぎだったそうです。

私の弟もゴールデンウイークに39度の熱を出し、インフルエンザかと思いきやただの風邪でした。

 

しかし、風邪でも39度の熱が出たら侮れません。

 

 

このように、春になったからといって油断してはいけません。

常日頃から健康生活を意識しましょう!

 

 

 

年中行うべき3つの風邪対策

 

1.手洗いうがい

 

手洗いうがいは風邪以外にも様々な感染症を予防してくれます!

うがいは殺菌効果だけでなく、喉の保湿効果もあるそうです。

 

 

↓こちらのサイトに手洗いうがいの効果が詳しく書かれています

手洗いうがいって本当に効果があるのかどうか調べてみた! | みおねっと

 

うがい薬より水洗いの方が効果があるとか。

 

 

 

ともあれ、年中1日3回手洗いうがいが理想です。

起きた時・寝る前・食べる前などタイミングを決めて習慣化してしまいましょう!

 

 

 

2.規則正しく十分な睡眠

 

体力をつける、体力を回復するという意味でこれも重要です。

5時間睡眠以下とか、就寝時間・起床時間がいつもバラバラというのはできるだけ避けましょう。

 

 

統計的には7時間睡眠が1番平均寿命が長いそうですよ。

6時間睡眠でも、8時間睡眠でも、少し短くなってしまいます。

 

 

かくいう私は8時間睡眠ですが…。

人によってちょうどいい睡眠時間は違うので、7時間にとらわれることもないと思います。

 

 

 

睡眠の質が悪い人は、よく言われる朝起きて太陽の光を浴びるとか、寝る前にTV、PC、スマホを見ないとかをやってみるといいかもしれませんね。

 

↓睡眠の質に関してはこちらのサイトに詳しく書かれています

熟睡する方法|劇的に睡眠の質を上げる15個の習慣

 

 

 

3.1日3食しっかり食べる

 

最後は食事!

 

朝・昼・晩しっかり食べることは当たり前ですが、大切です。

 

 

私は現在朝食をとっていますが、長年朝食抜きでした。

 

同時に自炊を始めたという別の要素もあるので健康への影響は分かりませんが、朝食を取ることで単純に気持ちの良い1日をスタートできるようになりました。

 

 

朝忙しい毎日でも、生活を見直して朝食をとる時間を取ることは、身体的にも精神的にも、良いですよ!

 

 

 

きちんと3食取っている方は、栄養についても見直してみましょう!

 

 

 

 

以上、手洗いうがい、規則正しく十分な睡眠、1日3食しっかり食べるの3つの風邪対策でした。

私も口先ばかりにならないよう頑張ります!

インターンシップに1年生から参加する必要はあるのか

こんにちは!あみかです。

しばらくぶりの更新となります。

 

つい先日、大学1年の5月から始めた長期インターンシップが終了しました(大学2年の4月)。

 

 

1年生からインターン行く必要あるの?と言われることも多かったので、私の思うところを語ります。

続きを読む

習慣化の最大のポイントは「タイミングを決めること」

こんにちは!

あみかです。

 

 

「続ける習慣」という本を参考に1月から習慣化に挑戦しています。

 

この本は科学的にも有効なテクニックで体系的に習慣化の方法が記載されており、根性論が嫌いな私にはとても受け入れやすいものでした。

 

 

習慣化させる行動の種類にもよりますが、基本的に1ヵ月で1つ習慣化できるとされています。

私はおかげで日記や英語学習を習慣化させることができました!

 

 

さて、この本には様々なテクニックや習慣化の原則が記載されていますが、その中でも最も効果的なのは行動のタイミングを決めることだと実感しました。

 

 

 

行動のタイミングを決めるとは?

 

行動のタイミングを決めるというのは、例えば「朝起きてすぐにする!」とか、「お風呂に入った後する!」とか、「移動中にする!」とかを決めることです。

 

 

ただ単に例えば「毎日英語学習をする」だと、他の事に押されてできない日が増えます。

 

夕方になって「今日は時間がないから」と言って諦めたり、「今日は〇〇があったから仕方ない」と用事を言い訳に正当化したりしてしまいます。

 

 

タイミングが重要だと実感したできごと

 

私は今までに何度も習慣化に挑戦してきましたが、うまくいって続いたためしがありませんでした。

しかし、今回「続ける習慣」の本を読んで、次々と習慣化させています。

 

 

いくつか習慣化に成功したころ、習慣化させたい一番の行動ではないけれど、できれば毎日やりたいことがありました。

Wordで授業のまとめを作成することなんですけれど、朝英語の勉強が終わったらやろうと決めていました。

 

これは、習慣化させたいというほどではなかったのですが、タイミングを決めるだけで簡単に習慣化できてしまったのです。

 

 

時間が決まっていたら行動を始めるのが億劫ではなくなって、それが数日続いたら、もう簡単な習慣化の出来上がりです。

 

 

おまけ

 

習慣化の原則に、一度に習慣化させるのは1つだけ、というものがあります。

 

この原則の重要さは感じていますが、片方が一生懸命習慣化させようとしているわけではなかったら、2つ一気に習慣化させられるということもわかりました。

 

 

一度に1つだけ、一気にいくつもしない、という原則も重要ですが、最大のポイントはやるタイミングを決めることだなと実感しました。

 

 

 

ちなみに今は早起きの習慣化を目指しています!

これにはタイミングも何もありませんが、頑張ります。

「真面目」と言われてもそんなに嬉しくないけど「不真面目」と言われると数日間気にするのはなぜ?

こんにちは!あみかです。

先に言っておきますが、今回は完全に私の個人的な話です。

 

 

 

「真面目だね」と言われても、あんまり嬉しくない。

 

でも、「真面目にやって」と言われると数日間なんだか気になります。

 

 

「不真面目」という言葉を使って言われることはありませんが、いずれにしても「真面目ではない」と評されると心が不穏になります。

 

 

この矛盾に最近気が付きました。

それがなぜだか考えているうちに、自分のことが少しわかった気がします。

続きを読む