読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

発達障害を告白した理由

障害

こんにちは!

 

この記事で、私が発達障害であると告白しました。

 

life-sc.hatenablog.jp

 

障害を告白するのは、リアルではもちろん、ブログでも、気軽にできることではありません。

 

今回はその告白した理由を話します。

 

 

 

 

きっかけ

 

あるときに障害者関連のニュースを見て、それに対する意見をブログに書きたいと思いました。

普通に書くだけでは説得力も低いので、できれば当事者目線で書きたいと。

 

それにはまず、自分が障害者であるとカミングアウトしなければいけません。

 

 

 

障害を告白するデメリット

 

ブログ・リアル関係なく、障害を告白するデメリットはかなり大きいです。

 

 

簡単に言えば、今までと見る目が変わること。

 

障害だと知った途端、自分よりも下に見る人は多いものです。

身体障害ではなく、発達障害知的障害は特に。

 

表面上親切な人でも、「この人はこんなこともできないかわいそうな人だ。私が協力してあげよう」と。

 

もちろん協力してくれるのはありがたいですけど、あまりに上から目線なのは不快です。

 

(同じ障害者でも感じ方は人それぞれだと思いますが)

 

 

普通に、「障害者だったのか。正直障害者嫌い」という人もいます。

 

 

私はリアルではほぼ障害を告白することはありませんが、こういう風潮はやっぱりありますよね…。

 

世間の障害者へのイメージというのは、なかなか難しいものです。

 

 

ではなぜブログで告白したのか

 

さきほども言ったように、当事者としての思いをブログで発信したいと思ったからです。

 

かなり軽度な障害者である私ですが、健常者よりは伝えられることはあると思います。

 

 

それに、まだまだ発達障害がどんな障害なのかわからない人も多いと思いますから、多くの人に知ってほしいというのもあります。

 

 

 

もう一つ全く別の理由もあります。

 

自分でも障害をどう捉えたら良いのか、未だに悩むこともあります。

 

それをブログを書くことで少しずつ整理できたらいいな〜と。

 

 

ブログで告白した理由はこの3つです。

 

 

 

ブログだと、おそらくデメリットも少ないです。

そもそも障害者を不快に感じる人は見ないと思います。

 

匿名ですし、多少不快なコメントが来る可能性はなくはありませんが、覚悟の上です。

 

 

 

そんなわけで、これからは障害関連の記事も書こうと思います!