ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

私は原付に向いてないな、と思って激落ち込みした話

こんにちは!あみかです。

しばらく更新していなくてすみません。

 

 

 

約半年前に原付免許を取った私ですが、この間失敗して激しく落ち込みました。

 

何かというと、スピード違反で捕まったんです。

 

原付は30kmが制限速度ですが、45kmぐらい出ていたみたいです。

 

 

30kmが制限速度とは言っても、実際に30kmで走っている人はまあいませんが、40kmを超えると捕まります。

 

 

 

 

普通は「ショック!捕まった!今度から気を付けよう」で済んで、わざわざブログ記事にして晒すこともないかもしれません。

 

ですが、なんだか半日ぐらいずっと悩み続けて、今も35km以上出せないくらい落ち込みました。

 

(こういうところも変に「真面目」なんでしょうか・・・)

 

 

 

 

実は、捕まったの2回目なんです。

 

1回目もスピード違反で捕まりました。

そのときはもっと免許取りたてのときです。

 

初めてパトカーに乗せられた時にはとても緊張しました。。

 

 

その時は捕まったショックと罰金のショックによりしばらくは気を付けていたのですが、いつの間にか気が抜けていたのですね。

 

 

 

で、半日思い悩むくらい激落ち込みしたのにはある理由があるのです。

 

それは、捕まった時に警察官に「2回目だから初心運転者講習を受けないといけないよ」と言われたこと。

(同じ警察官だったのです)

 

 

 

初心運転者講習という制度がよく分かっていなかったので、調べまくりました。

 

実は、後に、初心運転者講習を受けなければならないのは3点以上、更にスピード違反が2回とも15km以上~20km未満で、自分の点数が2点だということが分かり、警察官が適当なことを言ったのだろうということが分かったのですが。

 

警察官の言うことを疑うことができず、何度も違うサイトで調べたり、自分の違反を確認したりしましたが、それでも不安だったのでヤフー知恵袋で質問して確証を得ました。

 

 

 

しかし、それに気づくのがけっこう遅くて、かなり落ち込んでいました。

 

初心運転者講習の内容が引っ掛かっていたのです。

「場内及び路上における運転演習」という文字。

 

 

 

実は、私はこれまでにバイク屋さんに一回行った以外には、自宅と駅の往復しかしていなかったのです。

 

そのバイク屋さんに行ったというのも、事前に道をGoogle mapのストリートビューで調べて、更に親が乗るバイクの後ろからついていったので、初めての道に普通に行けないのです。

 

 

徒歩や他人の車、バスなどで道は完全に覚えていても、バイクで行ったことがない道はダメです。

 

 

ストリートビューで何を調べているかというと、

 

・ここは右折しないといけないんだな・・・

・ここは1車線か・・・

・ここは道が狭くなっているな・・・

 

ということを事前に把握して、シミュレーションするのです。

 

 

・・・そこまでしないと初めての道には行けないのです(笑)

 

 

更に、2段階右折が未だにできないのも不安の種です。

 

自宅から駅までの道には必要ないのですが、一度2段階右折が必要なところを通ることがありました。

 

そのとき、2段階右折の仕方は頭の中では理解していたのですが、頭が真っ白になって、そのまままっすぐ進んでしまいました。

 

 

その後小さい道に左折して、Uターンし、そのまま右折することで元の交差点に帰ってこれました・・・。

 

こうすると左折で元々行きたかった方向に行けたんですよね。

 

(イメージできますでしょうか)

 

 

 

 

初心運転者講習では、そんな私が、初めての道で、他人に見られながら運転しなければいけません。

 

絶対に無理!!

 

と思って、こんなことになってしまったことに心底落ち込みました。

 

 

これが落ち込みポイントその1。

 

 

 

 

その後、初心運転者講習を受けなくていいことは分かったものの、改めて、自分は未だに初めての道に行けないんだなぁ・・・と落ち込みました。

 

更に、言い訳でしかないのですが、2回もスピード違反をしてしまったのにはある理由があります。

 

それは、一定の速度で走れないということ。

 

35kmで走っているつもりが、いつの間にか40kmだったり、30kmだったり・・・。

 

 

坂道のせいなのは分かっています。

普通は下り坂だと少し緩めて、上り坂だと少し加速するんですよね。

 

私もそれはしているのですが、その調節がものすごく下手!!

 

 

下り坂だから減速しないと!と思って減速すると、しすぎて止まりそうな勢いになったりするんです。

 

最初はみんなそうかもしれませんが、約週5回同じ道を往復しているのに、数か月経っても上手くならないというのは、いくらなんでも成長が遅すぎです。。

 

 

それでも、一番最初と比べたらほんのちょっとずつ成長しているんですけれど。

 

おそらく発達障害の影響で、昔からこういう感覚で調節するのが苦手なんです。

 

 

こういう理由もあって、私は技術的に原付は向いていないんじゃないか、もう危ないから乗らない方が良いんじゃないか、とものすごく落ち込みました。

 

 

 

他にも、前も見ないといけないし、ミラーも、スピードメーターも見なければいけません。

 

これが自然にできなくて、まず最初に前を見て、次にスピードメーターを見て、その次に前を見て、次にミラーを見て、次に前を見て、次にスピードメーターを見て・・・、と意識的に繰り返しているのです。

 

そのやり方で何とかなっているからいいのですが、ちょっと疲れた時にそれがおろそかになると、いつのまにかスピードが40kmを超えていたり、横の車に気づかなくて「プッ」と鳴らされたりするんです。

 

 

親にこのやり方を話したら、「私は〇〇のときにはミラー見たり、あとはこまめにスピードメーター見てるけど」と言われました。

 

まあ、きっと普通そうですよね。

 

 

 

私は「こまめに」という感覚的な言葉が苦手で、こまめってどのくらいの頻度?ってなるんです。

 

それに、〇〇のときはスピードメーター見るっていうけれど、〇〇のパターンを全部覚えるのは大変だ・・・と思ったり。

 

親が言ってるのは全部覚えるということではないんでしょうけれど、状況判断が苦手で、全部覚えるっていうやり方じゃないと必要なときにできなかったりするんです。

 

 

だから、私にとっては今やっている方法が一番漏れが少ないんです。

 

 

 

うん、この辺も発達障害の影響ですね。

 

運転できるけど危ないっていうこのグレーな感じ・・・。

 

 

 

慣れた道なら、この場所では必ずミラーを見る、この場所ではスピードが速くなりがちだから必ずスピードメーターを見る、というパターンが蓄積されてくるから、順番に確認して・・・という方法じゃなくてもできるようになってくるんですけどね。

 

そして、それがだんだん他の道でも、こういう道ではこのタイミングで必ずミラーを見る、というパターンもできてくるのかもしれません。

 

これが私にとっての「慣れ」でしょうか。

 

 

人より成長が遅くても、少しずつしかないですよね。

 

 

 

 

話がそれましたが、こういう理由で2度落ち込んで、一時はもうバイク乗りたくない!免許取ったけど、バイクも買ったけど、もういらない!って思っていました。

 

それでも捕まった日の2日後が平日で大学行かなくてはいけなかったので、駅までバイクに乗りました。

 

 

数日前に勢いあまって45km出ていたころとは打って変わって、なんだか30kmも出せなくなっていました。

 

たまに33kmぐらいになったら慌てて緩めたり。

 

 

今はもう少しマシになりましたが、それでも平均30kmで走っております。

 

これでもいつのまにか37kmぐらいになっていることがあるので、まずは一定速度で走る練習をしなければいけませんね。

 

 

バイクは焦らず、悠々自適に。