読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

7つの習慣を元にした手帳「フランクリン・プランナー」を買いました。

雑記

こんにちは!あみかです。

 

先日、「フランクリン・プランナー」という手帳(4月始まり)を購入しました。

 

 

f:id:jamis56:20170317000848j:plain

 

 

 

7つの習慣の考え方が元になった手帳です。

 

普通に書店などの実店舗では売っておらず、ネットショップのみの販売です。

7つの習慣は知っていても、この手帳のことは知らない方も多いのではないでしょうか?

 

 

手帳の説明の説明と、届いた手帳を見た第一印象を語らせていただきます。

 

 

 

「7つの習慣」とは

 

7つの習慣は知っている方も多いですよね。

自己啓発書としてはかなり有名です。

 

とても分厚く、また高価な本ですが、そこら辺の自己啓発書とは一線を画した名著です。

 

 

ちなみに私は、普通に7つの習慣を買ったのですが、翻訳本の難しさなどもあり読み切れず、漫画版でその内容を理解しました(笑)

 

 

 

フランクリン・プランナー」とは

 

7つの習慣の考え方がベースにある手帳です。

先ほども話したように、ネットショップのみの販売で、基本的には冊子になっている手帳ではなく、リフィル型(バインダーで綴じる)です。

 

近年になってからオーガナイザー版(普通の綴じ手帳)も出たようです。

 

 

リフィルにしてもオーガナイザーにしても手帳としてはかなり高く、また分厚く重くなるようです。

 

私はリフィルの手帳を使ったことがないこと、学生としては少しでも安くしたかったのもあり、オーガナイザーを買いました。

 

こちらの方が軽いはずですが、それでもそこらの文庫本よりは重いです。

 

 

 

ネガティブな部分ばかり挙げましたが、やっぱり手帳が7つの習慣の実践を全面バックアップしてくれます。

 

 

最初にプランナーガイドという使い方の説明があり、かなり充実しています。

ワーク式になっていて、この中で自分の価値観、ミッションステートメント、目標などを考えられるようになっています。

 

 

デイリーページも時間管理のマトリックスのうち第2領域を優先できるよう工夫されています。

 

 

手帳によってそ一年がどうなるかは変わってくるので、値段の部分は投資だと思いたいですね。

 

 

 

手帳を手にした第一印象

 

まず、大学生が持つには分不相応な格式高さを感じました。

 

そして去年の手帳と比べた時の分厚さ、次に重さ。

 

 

手帳開封時にはとてもワクワク感を感じました。

 

 

 

開けてみると、イメージ通りの丁寧でカッコいいデザイン。

ただの紙の集まりなのに、オーラを感じます。

 

紙の質感にまでこだわっていて、やっぱり格式高い。

 

 

紙にこだわるのなら値段を・・・と思ってしまう私ですが、悪い気はしません。

とにかくすべてにおいて普通の手帳より、そして今の私の生活よりワンランク上だと感じました。

 

 

これが第一印象ですが、また使ってみての感想も記事にしたいと思います!

 

 

 

 

>フランクリンプランナー綴じ手帳2017年4月始まり B6オーガナイザー カバー無し手帳 システム手帳 リフィル フランクリンプランナー2017

価格:2,916円
(2017/3/17 00:03時点)