ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

当事者が語る「障害」「障碍」「障がい」の表記法について

こんにちは!あみかです。

以前お話ししたように、私は発達障害者です。

 

【告白】私は発達障害者です。 - ぽっかぽか

 

 

 

長年「障害」の「ガイ」の部分の表記法については議論がなされていますが、当事者として語ってみようと思います。

 

もちろん当事者の一般的な意見ではなく、私個人の意見です。

 

 

 

「ガイ」の字の歴史

 

まずは私の意見ではなく事実としての歴史をお伝えします。

 

 

 

 

昔は「障害」という表記が一般的でした。

 

しかし、「害」の字は「害する」「存在が害である」などの意見から差別的な文字であると考える人が表れ、「障碍」という文字を使うようになりました。

 

 

 

更にこの表記にも否定的な意見が表れます。

 

「障碍」は仏教語に由来する「障礙(しょうげ)」を由来としています。

 

 

障礙とは

障害。妨げ。仏教では、悟りの障害となるものをいう。

 

しょうげ【障礙/障碍】の意味 - goo国語辞書

 

 

 

このように、由来から「碍」の字にもネガティブなイメージがあります。

 

 

また、一般的な漢字ではないことから、分かりにくく通じにくいという意見もあります。

 

 

 

その後、現れたのが「障がい」の表記。

 

いっそ平仮名にしてしまえば、漢字と違って文字自体に意味はありません。

 

 

 

現在はこのように平仮名にするか、昔から一般的であった「障害」の表記にするのが一般的のように思われます。

 

 

 

また、あまり大きな声では言われていない印象もありますが、現在では次のような意見もあります。

 

「障害の『害』の字は、障害者が社会の害になっているという意味ではなく、社会の側が障害者を害と扱っている、壁を作っている。

その戒めのために『害』という文字を使うべきだ。」

 

 

環境を整えることで、障害によって本人も周りも苦労することもあれば、逆に障害者がいることでよくなることもあります。

 

障害の種類にもよると思いますが。

 

 

 

「障害」と「障碍」と「障がい」 私の意見

 

 

私はかねてよりわざわざ「障がい」と表記するのに否定的で、「障害」派でした。

 

 

意味を考えて平仮名にするなんて、意識しすぎ。

漢字によって本当に障害者の価値が変わるわけではありません。

 

障害と書いても、「普通の人と変わらない」と思う人もいれば、「この人は社会の害だ」と思う人もいる。

平仮名で書いたって一緒。

 

 

それだったら表記法なんて意識せずに、元々の一般的な書き方でいいんじゃないか、というのが私の意見です。

 

 

 

数年前五体不満足の本で有名な乙武洋匡さんの講演を聞く機会がありました。

(今は不倫騒動などありますが・・・)

 

そのときの乙武さんの意見にも影響を受けました。

 

 

当事者の間でもいろいろな意見の人がいる。

「障害」が良いという人もいれば、絶対に「障がい」という人もいる。

 

何が正しいというわけではない。

 

 

それなのに地方自治体が発行する公的書類であえて「障がい」と書くのは、考えを世間に押し付けている。

 

ボクは「障害」でいいと思っている。

 

 

 

・・・大雑把にまとめるとこのような意見でした。

 

 

 

私は非常に納得しました。

 

個人の意見としては、障害者も健常者もいろんな考えの元、いろんな意見があっていいんですよね。

 

国や地方自治体が一律でこれが正しい、と決めることではありません。

 

 

会社で考えても、それがその会社の意見ならどの表記を使ってもいいでしょう。

 

批判を恐れる会社というのは、一番障害者に配慮しているように見えるという理由で「障がい」という表記を使うこともあるかもしれませんが。

 

 

 

結論として、他人がどの表記を使ってもいいけれど、私は昔から一般的であった「障害」の表記を使います。