ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

「真面目」と言われてもそんなに嬉しくないけど「不真面目」と言われると数日間気にするのはなぜ?

こんにちは!あみかです。

先に言っておきますが、今回は完全に私の個人的な話です。

 

 

 

「真面目だね」と言われても、あんまり嬉しくない。

 

でも、「真面目にやって」と言われると数日間なんだか気になります。

 

 

「不真面目」という言葉を使って言われることはありませんが、いずれにしても「真面目ではない」と評されると心が不穏になります。

 

 

この矛盾に最近気が付きました。

それがなぜだか考えているうちに、自分のことが少しわかった気がします。

 

 

 

不真面目と評されたときの気持ち

 

上の説明で、「なんだか気になる」「心が不穏になる」とよく分からない表現をしました。

 

なぜなら、自分でもその気持ちの正体がわからず「なんだか気になる」状態だったからです。

 

 

言われたときの気持ちを詳しく思い返しても、なんだかもやもやしたまま数日間過ごしていたというだけで、ハッキリとした気持ちがないのです。

 

「何よ!?」「むかつく」という反発心、「言われたことこんなに気にしてもしょうがない」と忘れようとする気持ち、それぐらいしか思い出せません。

 

他にもたくさんの感情が混ざって「もやもや」になったのだろう思いますが、自分でも分からないのです。

 

それを冷静になったときに紐解いてみました。

 

 

 

「真面目」・「不真面目」と評されたときの気持ち

 

私は真面目と言われてもそんなに嬉しくない。

それは、「真面目」という言葉にはネガティブなイメージがあるから。

 

 

でも、不真面目と言われると数日間気になる。

 

私は平静を装っているけれど、やっぱり気になる。

 

 

平静を装っているというのは、一緒に過ごしている家族や「不真面目」と評した人物に対してではなく、自分に対してもです。

 

 

一方では、不真面目と評されたことに対して「別にそこまで気にしていない。今回は〇〇していなかったのが悪かったのだから、次からはやろう」と冷静に頭で分析しているのです。

 

ですが、それでも数日間気になる。

 

 

本当に気にしていなかったら、その頭の中の分析と次回の行動だけで終わるはず。

 

 

 

つまり、私は「不真面目」と評されるのが「嫌」なんだ。

 

 

・・・とやっと気づきました。

 

 

 

なぜ「不真面目」と評されたとき平静を装っていたのか

 

なぜ「嫌」だと感じず、自分に対してまで平静を装っていたのか。

 

それは、本当は自分は真面目だと思っていたから。

 

「真面目」が自分のいいところだと思っていたから。

 

更に言うと、それが唯一の自分の長所だと思っているから。

 

 

 

私は能力が低くて、何をしてもダメで、でも、真面目にやることだけはできる。

 

「真面目」は私の唯一の長所。

 

「真面目」が否定されると、私の良いところなんてなくなってしまう。

 

 

価値のない人間になってしまう。

 

それが怖くて、「不真面目」と言われるのが嫌だった。

 

 

 

なぜ自分に対してまで平静を装っていたのか。

 

それは、「価値のない人間だ」という思いを覆い隠したかったからだ。

 

 

 

なぜ「真面目」と言われてもそんなに嬉しくないのか

 

「真面目が唯一の長所」だという考えが根底にある。

けれども、「それ以外にも長所はある」と思いたい気持ちもある。

 

それは、「真面目」にはネガティブなイメージがあり、「真面目」と評されることが多かった私が直に感じているから。

 

 

「場合によって悪い評価になることもある『真面目』だけが私の唯一の長所ではない。他にもあるはずだ」

 

この思いから、「真面目」と良い意味で評価されたときにも素直に受け取れなかったのです。

 

 

 

ちなみに、「真面目」という言葉のネガティブなイメージに関して以前記事にしています。

「真面目」という言葉のネガティブなイメージ - ぽっかぽか

 

自分の「真面目」という評価に対する本心を知る前に書いた無邪気な記事です。

 

 

「真面目」という言葉には長所という意味だけではなく、悪いイメージもあるのは事実。

 

 

そして、私の唯一の長所、そして存在価値である「真面目」を否定されるだけでなく、ネガティブなイメージを持たれるのが我慢できなくてこんな記事を書いたのでしょう。

 

 

 

唯一の存在価値があるのかないのか、他にも存在価値があるのかどうかは分かりませんが、「不真面目と言われるのは嫌だ」という私の本心を受け入れて生きていこうと思います。