ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

子どもにとって秘密は大切。バレバレでも暴かない!

 

秘密のポーズのイラスト

 

こんにちは!あみかです。

今日は大学の心理学関係の授業で知ったことを紹介します。

 

子どもってよく秘密基地を作ったり、秘密の日記を書いていたり、親に隠れて好きなものがあったりするじゃないですか。

 

大人から見るバレバレだったりすることもありますよね。

 

 

私も名探偵コナンが好きなのを半年ぐらい親に黙っていました。

今から考えるとなぜ隠そうと思ったのか分かりませんが・・・。

 

これもバレバレだったようですw

 

 

この親にとってはなぜ隠しているのかわからなかったり、バレバレなのに微笑ましかったりする「子供の秘密」ですが、子どもの成長や心の安定のためには大切なのです。

 

 

 

 

まず、子どもの心の安定のために必要です。

 

自分だけ、もしくは友達も含めて自分達だけの空間は、子どもにとってとっても安心感があります。

子どもの心の拠り所です。

 

秘密の中ならば、そこで何をしても、誰かに怒られることも嫌われることもありません。

自由な空間なのです。

 

何かがあっても、そこに逃げ込んだら安心です。

そんな場所を持っていることで、子どもは安心して家庭生活や学校生活を送れるのです。

 

 

 

そし子供の成長のためにも必要です。

 

子どもは、誰にも侵されない秘密の空間で、自分と向き合うことができます。

自己理解や内省のために、一人でゆっくりできるところが必要なのです。

 

心理学では、自己形成と言います。

 

 

秘密を暴かないことは、子どもの心の安定、心の成長、どちらのためにも必要です。

秘密の空間で何をしているのか、秘密の日記に何を書いているのか、親は気になるところかもしれませんが、見ないことです。

 

それは、子どもを信頼することでもあります。

興味本位で見たり暴いたりしないように気を付けたいですね。

 

 

 

子どもの秘密にこんな意味があったなんて、私もとても驚きました。

ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思ったので、紹介させていただきました♪