ぽっかぽか

女子大生のあったか日記です。

警報に対する感じ方の違いから、大人への成長を実感

こんにちは!あみかです。

台風5号が来ていますね。

 

今日の記事は住んでいる地域が少しバレそうですが、関西というところまではバラしているので気にしないことにします(笑)

 

警報が出たらバイトが休みになるけれど、単純に喜ぶだけではなくて、その辺りは子どもの頃と比べて大人に近づいているのを実感しているという話です。

 

 

 

「警報が出そう」で、まず思ったこと

 

今日は午後に警報が出そうな雰囲気なのですが、それを知ってまず「バイトが休みになる!やったー♪」と喜びました。

 

一般的なバイトだと警報が出ても休みにはならないと思いますが、個別指導のバイトなので、警報が出ると子どもが来られないので休みになります。

 

授業ができなかったら行っても仕方ありませんから。

 

 

そんなわけで、もし休みになったら1日フリーだから、自由時間が増える!ちょっと遊べて、心理学検定の勉強も多めにできる!と妄想して、喜んだのです。

 

 

 

次に考えたこと:お給料が減る

 

そして、喜んだ次の瞬間に思いました。

その分のお給料が減る、と。

 

 

悲しいですね。

喜んでばかりもいられないと思いました。

 

今日は1コマのみなので、貰えるはずのお給料は1500円。

月数万円のお給料のうちの1500円と思えばそんなに多くない気もしますが、1500円あれば何ができる?と考えれば、その価値は大きいです。

 

お昼ご飯は、節約していつも学食ではなく2日に1回くらいはコンビニおにぎり、更に節約してコンビニのパンのときもありますが、1500円あれば節約の頻度を大幅に減らせます。

 

学食(平均350円)-おにぎり(平均250円)-パン(108円)

 

という具合ですが、1500円余分にあったとしたら約15回ランクアップできますね!

 

・・・こんなことを真剣に考えている私は、若干貧乏学生です。

 

ちなみに、パンはチョコスティックパン(108円)ほぼ固定です。

安くてお腹いっぱい、そして美味しいです!(笑)

 

 

それはさておき、1500円あれば本を1冊買えるし、服も買おうと思えば買えるわけです。

 

 

 

大人への階段を上っている実感

 

こんなことを考えているうちに、少しずつ大人への階段を上っているのかな~と実感。

だって、小・中・高のときは、警報が出たらそれはもう嬉しくて、心待ちにしていましたから。

 

 

台風が来ても警報が出ても世の中は回っていて、休めばその分報酬が減って・・・。

という当たり前のことを実感です。

 

 

本当の社会人は警報が出ても出社しなければならないでしょう。

それが大人。

 

交通機関がストップしたり、あまりにも激しい台風でとても出社できないような場合も、会社に行けなくて喜んでいる場合ではありません。

 

正社員だと月給制だからお給料が減らないのか、それとも減るのか、詳しいことは知らないのですが、きっとそんなことは些細な問題なのでしょう。

 

 

休みになってもやるべき仕事が減るわけではなく、もしその日にアポイントがあったなら、その調整のために仕事が増えるかもしれません。

 

何らかの締め切り間際に出社できないようなことがあると悲惨でしょう。

台風で出社できなかったからと言って締め切りが延びるわけではありませんから。

 

 

 

実際個別指導でも、バイトは休みになった授業が無くなってお給料が減るだけですが、社員は代わりの授業を入れる処理をしないといけないので、仕事は増えています。

生徒さんのお家に電話して、バイトのシフトを見ながら改めて授業を入れるための調整をしないといけません。

 

 

何だか大人の社会に近づいている気がします。

20歳になったので、もう大人なのですが(笑)

 

大学生のままだとあまり大人になった意識を持てないです。

選挙権は18歳からありますし(笑)

 

 

 

そんなわけで、もっと大人になりたい!と思ったのでした。