ぽっかぽか

心理カウンセラーの卵(大学生)が自信について考えたり、その他いろいろお話します。

はてなブロガーの不思議なコメント文化

こんにちは!あみかです。

私は今、はてなブログを使い始めて1年と少し経ちましたが、以前はFC2ブログアメーバブログを使っていた時期が長かったです。

 

日記ブログかコナンブログ、ゲーム日記ブログなど。

 

そんな私にとって、はてなブログは、はてなブックマークがある時点で今までと違う文化を感じるのですが、それ以外にもコメント文化に慣れない感じがあります。

 

今日はそんなお話をします。

 

 

 

 

FC2、アメーバブログのコメント文化

 

はてなブログの前に、他のブログのコメント文化のお話をします。

 

FC2では、ブログ運営者にお話したかったり、記事に何かを言いたいときには、基本的に記事下のコメント欄しかありませんでした。

そして、自分のブログにコメントが来たら、たいていのブログ運営者はそこで返事をします。

 

そしてアメーバブログでもそこは同じです。

アメーバでは、マイページから自分がコメントしに行った記事が分かるようになっています。

これは非常に便利です。

 

いろいろなブログにコメントしに行ったり、少し前にコメントしに行ったりしても、確実にブログ運営者から返事が来ていないかを見に行くことができます。

 

アメーバはSNSの雰囲気が強いので、そのためでしょうか。

 

そういうところもあって、FC2よりもアメーバの方がコメントの行き来が多い印象です。

 

 

 

はてなブログのコメント文化

 

さて、ここからがはてなブログの話です。

 

まず、上記のような記事へのコメントは、はてなブログでも普通に行われています。

ただ、その量が少なく、代わりに他の手段を使うことが多いように感じます。

 

 

 

その1つ目がブクマコメント。

 

はてなブックマークを付けるときに、コメントを入れるんですね。

 

 

はてなブログを使う前からはてなブックマークを使っていた私は、はてブとは単に読み返したい記事をブックマークするためのものとしか考えていませんでした。

 

そのため、自分で後から分かるようにタグは付けますが、コメントなんて入れたことがありません。

 

読み返すためには多すぎたら埋もれてしまいますから、どうして皆さんそんなにブックマークするんだろう?とさえ思っていました。

 

 

 

そんな私にとってブクマコメントというのははてなブロガー特有のコメント文化だと感じました。

最初にブクマコメントをもらったときには、どうやって返事をしたらいいのだろうと悩みましたが、コメント返しを想定していないんですね。

 

むしろ、必ずしもブログ運営者に向けたコメントではなくて、単なる感想だったり、他の閲覧者に向けたコメントだったりします。

 

 

 

そして、2つ目がTwitter

 

これはもしかしたらFC2ブログなどではあったかもしれません。

けれども、はてなブログでは多いように感じます。

 

これも、ブログ運営者本人にリプライを送るような形ではなく、単にURLと感想などをつぶやくもの。

 

 

こんなの気づかないよ!と思いましたが、必ずしもブログ運営者に読んでもらう必要はないんですね。

むしろ、ブログ運営者ではなく自分のフォロワーに向けたメッセージのようなものが多い。

 

ブログ運営者は見ないだろうという前提で批判するようなコメントもあります。

 

自分がフォローしている人でなければ、エゴサでもしないと気づきませんね。

 

 

 

これをコメントと言えるかどうかは分かりませんが、記事に関するあれこれを記事下のコメント欄以外の場所に書くという意味で、独特のコメント文化だと感じました。

 

 

 

私はブクマコメントもしたことがありませんし、Twitterでのコメントもあまりないので、1年たってもまだまだはてな文化に馴染んでいませんね。