ぽっかぽか

心理カウンセラーの卵(大学生)が自信について考えたり、その他いろいろお話します。

LGBT ~トイレの問題~

こんにちは!あみかです。

 

前回の記事で、LGBTを含む様々な性的マイノリティの人のお話をしました。

性的マイノリティについて ~LGBTQって知っていますか~ - ぽっかぽか

 

今回は、彼らのトイレの問題についてお話します。

 

 

f:id:jamis56:20171123074621p:plain

 

 

男女別トイレに入りにくい人

 

心の性と外見が異なる人、見た目は男なのに心は女とか、見た目は女なのに心は男、という人がいます。

 

また、心の性が中間、つまり男でも女でもないと感じている人や、どちらか分からないという人もいます。

 

主にトランスジェンダーの人たちです。

 

 

 

そんな彼らは、男女どちらのトイレにも入りにくいそうです。

 

心の性のトイレに入りたくても、外見が違うと入りにくいですね。

また、外見の性のトイレに入るのも強い違和感を感じます。

 

 

 

外出先でのトイレ自体が苦痛で、極力外出時間を短くしたり、どうしても長時間外出する際は飲み物を飲む量を減らしたりと、努力している人もいます。

 

何だかいたたまれないですよね。

 

 

 

性的マイノリティ出ない人から見て

 

トランスジェンダーでも、性適合手術などを行って外見を心の性に近づけ、さらに服装も心の性と一致させている人もいます。

 

そんな人は心の性や外見の性のトイレを利用してもトラブルになりません。

 

 

 

けれども、明らかなおじさんが心の性が女だからといって女子トイレに入ってきたら、他の利用者は戸惑います。

 

逆も同じですね。

 

 

 

また、心の性のトイレを利用することを認めようとしても、心の性が外見の性と異なることを証明するのは難しいので、性的マイノリティでない人が、心の性が違うフリをして、実際の性と異なるトイレに入ることもできてしまいます。

 

そんなことになったら大きな問題です。

 

 

だから、性的マイノリティの人のトイレの問題は一筋縄ではいかないのですね。

 

 

 

解決策:多目的トイレの利用

 

その解決策として、多目的トイレの利用があります。

 

多目的トイレは、男女の区別がないので性的マイノリティの人でも使えます。

身体障害者やマタニティなど以外でも一般の人も使いますね。

 

 

 

けれども、「身体障害者用トイレ」という表記のこともあったり、車椅子のマークなどがあるので、気軽には利用しにくいです。

 

つい遠慮してしまったり、迷惑をかけているのではないかと後ろめたさや引け目を感じることもあるようです。

 

 

また、その数自体が少なく、設置されていないところが多いというのも問題です。

 

 

 

簡単ではない問題ですが、性的マイノリティの人たちが、トイレに行くたびに不快な思いをすることがないようになればいいですね。