ぽっかぽか

心理カウンセラーの卵(大学生)が自信について考えたり、その他いろいろお話します。

家族間のプレゼントは何を送る?

こんにちは!あみかです。

 

もう少しでホワイトデーのシーズンがやってきます。

私は女性なので、家族に渡したバレンタインのお返しを先日貰いました。

(帰省していたため少し早めに)

 

また、両親の誕生日が2人とも3月なので、プレゼントをあげたりもしました。

 

 

そんな中、誕プレは予想以上に喜んでもらったり、ホワイトデーは予想以上のものが返ってきたり、家族間プレゼントの常識が世間(ネットに書いてあること)と違うように感じました。

 

というわけで、今日は家族間のプレゼントについてお話します。

 

 

 

バレンタインデー

 

バレンタインデーには、父と弟と友チョコの感覚で母にもチョコを渡しました。

お料理やお菓子作りが苦手ですので、買ってきたもので済ませました。

 

そして、100円くらいで、見た目がバレンタインっぽくなっているものを3人分買いました。

 

ところが、母は見るからにもっといいもので、更に父と弟と私と、それぞれ好みを考えて違うものを買っていました。

 

私は100円なのに、そんなにいいものをもらってしまった私は困惑です。

更に、インターネットで調べていると、世間的にも母の感覚が普通のようです。

 

ショック。ごめんなさい。来年はもう少し改めますw

 

 

 

ホワイトデー

 

ホワイトデーには、父と弟から、それぞれ2、300円くらいするであろうクッキーなどをお返しでもらいました。

 

ここでも困惑。

 

特に、自分の方が姉で今年成人したというのもあって、弟に自分よりいいものをもらったことにショックでした(笑)

 

 

しかしここでも、インターネットの常識では、それくらいが普通のようです。

やっぱり100円で済ませる私が間違っていた・・・。

 

けれども、プチ落ち込みな私の経験からすると、ホワイトデーはもらったものと同じくらいの本気度&値段のものが優しいのではないでしょうか(笑)

 

安くてももらったものと同じくらいなら不快には思われないですし。

親が子にあげる場合は見栄を張ってもいいかもしれませんけれど。

 

 

 

誕生日

 

誕生日は、ここでは大学生ぐらいの子どもが親にあげるプレゼントについてお話します。

かなり限定的ですが、ほとんど大人なのに働いていない大学生というのは少し特殊です。

 

 

 

さて、具体的には、両親の好きなものをそれぞれ1000円くらいのものでプレゼントしました。

母には紅茶(のティーバック)、父にはワイン。

 

それぞれ、割と大げさなくらい喜んでもらえました。

 

今までたいしたプレゼントをしたことがありませんでしたし、母の日や父の日はほぼ毎年忘れていたくらいなので(笑)

 

 

 

こちらは、ネットで調べてみても、大学生としてはおそらく一般的な水準のようです。

 

プレゼントの内容に関しては、母はカーネーションとか、父は仕事で使える実用的なものなどと書いてありました。

 

 

が、私もそうですが、母もおそらく「花より団子」だと思うので、カーネーションは選択肢から外しました。

貰って喜ばないことはないと思いますが、紅茶の方が絶対に嬉しいはずですw

 

そして、父は仕事嫌いで日曜の夜になったら機嫌が悪くなったり、月曜の朝には軽い吐き気に襲われる人なので、仕事を思い出させるものはNG。

 

そして、ゲーム以外の趣味が少ない人なので、けっこう悩みましたが、ワインにしました。

 

 

そんなわけで、誕プレは成功したようです。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、家族間プレゼントの相場をまとめます。

 

バレンタインデーは数百円でバレンタインデーらしい見た目のもの。

ホワイトデーは、同じく数百円か、貰ったものに合わせたもの。

 

誕生日は、(大学生の子が親にあげる場合)1000円くらい(もう少し高くてもOK)で相手が本当に好き・欲しいもの。

 

こんな感じでしょうか。

 

 

 

私はバレンタインデーで少し失敗しましたが、ホワイトデーはもらったものと同じ水準を心掛ければ失敗はないはず!

家族間だけでなく、義理チョコのお返しにも当てはまりますね。

 

これから用意する方はぜひ参考に。

それでは!