ぽっかぽか

心理カウンセラーの卵(大学生)が自信について考えたり、その他いろいろお話します。

文系・理系の両方が関連する心理学

こんにちは!心理カウンセラーを目指している心理学部2年生のあみかです。

 

心理学部は基本的には文系で、統計があるから理系らしいところもある学問だと言われています。

計算がたくさん出てきたりするので、文系の心理学部生は大変です。

 

しかし、大学で心理学を学んでいると、統計以外にも理系らしいところがあることが分かります。

 

 

そんな心理学の意外な文理のあれこれをお話します。

 

 

f:id:jamis56:20171118185057p:plain

 

 

 

 

科学としての心理学

 

心理学を学んでいると、「科学としての心理学」という言葉をよく聞きます。

心理学の研究をするときには、科学的な手法を使わなければいけないということです。

 

 

 

社会心理学で、「人は〇〇なときに△△なことをしがちだ」という知見があったとします。

 

それは昔の偉い人が熟考して閃いたのではなく、「〇〇な人と〇〇でない人に分けて△△なことをする回数を調べる」といったような実験に基づいて発見されたものです。

 

そして、その実験の手順を詳細に記録した論文を発表し、他の人がもう一度試してみるということができる状態にしなければいけません。

 

 

心理学は科学だから、ただ頭の中で心について考えていればよいというものではないのです。

 

 

 

心理学では、このように実験をした際などのデータの集計などに統計を使います。

確かにその点で理系であると言えますが、統計を使う以前に研究の仕方や研究方法そのものが理系の考え方なのです。

 

 

 

幅広い心理学

 

さて、心理学の分野はとても幅が広いです。

 

同じ心理学部の教授でも、他の分野の研究をしている教授同士で言うことが違ったりするくらい内容の幅も考え方の幅も広いのです。

 

 

 

例えば、人が物事を学習することについて研究をする学習心理学と心の悩みなどを抱えた人に対する援助について研究する臨床心理学では、内容はもちろんですが考え方も大きく違います。

 

これは基礎心理学応用心理学の違いですが、文系・理系の話なので難しいことは置いておきます。

 

 

学習心理学ではどんな現象が起こるかということも、なぜその現象が起こるのかということも科学的に研究します。

けれども、臨床心理学では、どんな援助方法に効果があるかということは科学的に研究できますが、なぜそれが効果的なのかということは科学的に分かっていないこともあります。

 

だから、学習心理学のような基礎心理学を研究している人は臨床心理学のあり方に批判的な人もいます。

特に、心の中の「無意識」については人によって賛否があります。

 

 

 

そのため、心理学の中でも臨床心理学よりも基礎心理学の方が理系の色が強いと言えます。

 

 

 

最後に

 

心理学は本当に幅広い学問なので、見方によって文系に見えたり理系に見えたり様々です。

 

例えば生理心理学では、体と心、脳と心について勉強しますが、高校生物の内容がある程度分かっていなければいけません。

 

細胞について、ホルモンについて、体の器官について、脳について…

 

このように、内容自体が理系なものもあります。

 

 

〇〇心理学、△△心理学というように心理学は幅広くたくさんあるので、その中に文系のものもあれば理系のものもあるのは当然ですね。

 

 

 

まさに、心理学は文系と理系の間にある学問、そして文系と理系の両方を含む学問です。