ぽっかぽか

心理カウンセラーを目指す大学生の自信や発達障害に関する記録やその他雑記です。

自己受容をベースにした自己肯定感

こんにちは!あみかです。

 

以前、自己肯定感と自己効力感の違いについてお話ししました。

自己肯定感と自己効力感の違いとは - ぽっかぽか

 

今回は、一見似たような概念である "自己受容" から、自己肯定感についてさらに考えていきます。

 

 

 

http://3.bp.blogspot.com/-EjnO5CcE6ZY/VnE3SX1-r_I/AAAAAAAA10M/CHni2B86O9k/s180-c/pose_makasenasai_girl.png

 

 

 自己受容とは

  

自己受容とは、ありのままの自分をそのまま受け入れることです。

美点も欠点も、自分自身の在り方をすべて受け入れることです。

 

 

成功しても、失敗しても、自分は自分。

頑張っていても、怠けていても、自分は自分。

 

何か良くない性格を持っていたとしても、それもまた自分。

 

 

 

例えば、ある人は人見知りをしてしまう性格だとします。

 

そのとき、「人見知りをしても、じっくり考えて話すことができるというメリットがある」と肯定的に捉えるのは自己受容ではありません。

 

単に、「自分は人見知りをしてしまう性格なんだ」と受け入れるのが自己受容です。

 

 

自己受容はただ受け入れるだけでいいのです。

それを肯定したり、否定したりと評価をする必要はありません。

 

 

 

自己受容をベースにした自己肯定感

 

 

この自己受容ができてくると、徐々に自己肯定感も高まってきます。

 

自己肯定感とは、そんな自分を受け入れるだけでなく、そんな自分も含めて、どんな自分であっても自分には価値がある、と考えることです。

 

 

もう少し詳しくお話しますね。

 

 

まず、もし自分が嫌いだとすると、それは自己否定をしていることになります。

 

その後、「そんな自分でも、それが自分だ」と受け入れられたら、自己受容ができたということです。

 

さて、自己肯定感が高いというのは、「どんな自分であっても、自分には価値がある」と思うことです。

自己受容を続けていると、いつの間にか自然とこれができるようになってきます。

 

 

 

これが、自己受容をベースにした自己肯定感ということです。

 

 

 

自己受容・自己肯定感と向上心

 

 

ところで、このような話をすると、自己受容や自己肯定感が高いという状態というのは、向上心がないような感じもしますね。

 

「どんな自分でも価値があると思うようになるなら、良い自分にならなくてもいいのだから、頑張らなくなるっていうこと?」と思うかもしれません。

 

 

けれども、自己受容ができてくると、それを土台として向上心を持つようになります。

不思議なようですけれど、自分をしっかり受容できるからこそ、安定した心の状態で、自分の将来を考えることができるのです。

 

 

 

まとめ

 

自己受容とは、自分をありのままにそのまま受け入れることで、自己受容ができてくると、自己肯定感も高まるというお話でした。

 

例えば自己否定感を持っている人が、いきなり自己肯定感を持つのは難しいかもしれません。

そんなときは、まずは自己受容から初めていきたいですね。

 

 

 

自己受容をするにはどんな風にすればよいのかなど、今後も勉強を続け、経験を積み、ブログでもお話させていただきますね。

 

それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。