ぽっかぽか

心理カウンセラーの卵(大学生)が自信について考えたり、その他いろいろお話します。

人が人にやさしい社会

こんにちは!あみかです。

 

今日は、私がずっと思っていることをお話します。

 

もっと人が人にやさしい社会だったらいいな、という思いです。

「ずっと」と言っても、この思いはずっと前からありますが、「人が人にやさしい社会」と言うフレーズを思いついたのは最近です。

 

きっかけは、私は何をしたいのかと考えたことです。

 

 

 

人が人にやさしい社会

 

私は何をしたいのか。

 

私は心理カウンセラーになり、悩んでいる人を心から受け入れて、そんな人たちが安心して、「自分は生きていてもいいんだ」「自分は自分でいいんだ」と自分の存在を承認できるようになるお手伝いをしたい。

 

自分を受け入れられて、他人を気にせずに生きられる人が増えたらいい。

 

私は何をしたいかと考えたら、こんな答えが出た。

 

 

 

そのためには、もっともっと、人にやさしい社会が必要。

 

人が人を受け入れて、人が人を励まして、人が人を応援する社会。

暖かいつながりのある社会。

そんな社会では、誰もがもっと生きやすくなります。

 

 

 

人が人を批判するのは悲しいこと。

人が人と笑顔をかわすのは暖かくて素敵なこと。

 

どんな人でも、その人の価値がある。

みんな素晴らしい1人の人間。

 

そんなふうに考える、暖かい人たちがたくさんいる、暖かい社会。

それが、人が人にやさしい社会。

 

 

 

人が人を批判するということ

 

人が人を批判するというのは、人にやさしい社会とは逆のこと。

 

けれども、批判はたくさん行われている。

 

批判された人は悲しむのに。

批判した人にも良いことは起こらないのに。

 

ニュースはいつも誰かへの批判でいっぱい。

 

 

 

めでたいことよりも、良いことよりも、誰かが悪いことをしたニュースばかり。

そんなこと、自分に対して影響があるわけでもないのに、騒ぎ立てる。

 

騒いだら、大きく取り上げて批判したら、悪いことをした人が反省するわけでもないのに。

 

人が反省するかどうかは、その人次第。

とやかく言うのはいつも第三者。

 

 

 

最も身近なことでも、すぐに人は人を批判したがる。

 

批判と批評は違う。

愛のある指摘と、外からの軽蔑は違う。

 

 

 

もっと、人に暖かく。

もっと、人にやさしく。

 

そんな人が、増えたらいいと思うのです。

 

 

 

そんな私も、批判する人を批判してしまう人間ですが、ブログという発信手段を有効活用してお話しました。

 

私も、もっと人にやさしくなれるよう、頑張ってみます。